漢字圏の文字を翻訳して中国企業とやりとり|多言語を極める

男女

繁体字と簡体字

女性

経済発展によって、中国人観光客がたくさん訪れるようになったおかげで、多くの店舗で商品購入が活発になりました。いわゆる爆買いというものです。国産家電から医薬品、化粧品に至るまであらゆるものを買い物かごやカートに詰め込んでレジに並ぶ光景は、大きな話題となりました。流行語大賞にも選ばれるほど、社会的にも関心が高まったほどです。しかし、たくさん商品を購入してくれるのはありがたいものですが、大きな問題も起きているのです。それは、観光地や市街地でのマナーに関することです。一応、注意書きの看板を設置していたとしても、あまり効果をもたらしません。なぜなら、広大な中国では、地域によって扱う言語が異なってきます。頻繁に使われているものとしては、北京語のイメージがありますが、あくまで方言の一種とされています。通じる人がいれば通じない人もいます。また、話し方は勿論ですが、文字も地域によって形状が異なってきます。多くの中国人観光客に理解してもらえる注意書きを作成するためには、専門の翻訳業者が必要不可欠でしょう。もし、翻訳業者を探すとしたら、方言に精通しているところ、あるいは繁体字と簡体字を使って正しい意味合いの注意書きを記載してくれるところです。それらのポイントを把握しておけば、適切な翻訳業者を探しやすくなるでしょう。一応、翻訳業者の公式ホームページには、扱っている言語の情報が掲載されていますが、単純に中国語と書かれている場合は、電話連絡で詳しくどのような文字を扱っているのかを聞き出しましょう。